• TOP > 
  • サービスメニュー|太陽光発電 ・ソーラーシェアリング

太陽光発電でエコライフ

太陽光発電でエコライフ

太陽光パネルを住宅の屋根に設置し、太陽光エネルギーで発電した電力を使用することで、地球環境にやさしいエコライフを送ることができます。また、自宅の電力をまかなえるのはもちろん、余った電力を売ることもできるのでとってもオトクです。こちらのページでは、小牧市を中心に愛知・岐阜・三重・静岡エリアにて木造注文住宅やアパートの建築を数多く手がける「三喜工務店」が、太陽光発電の特徴についてご紹介しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

光熱費を節約

光熱費を節約

節約Point! 使う分を発電

昼間に太陽光発電で発電した電力を使うことができます。照明やエアコンなど様々な電気設備を自家発電でカバーできるため、光熱費削減につながります。

節約Point! 余ったら売電

太陽光で発電した電力が余ったら、電力会社が自動的に買い取ってくれます(売電)。使わない分は売れるので、無駄にならずとってもお得です。

地球環境保護に貢献

地球環境保護に貢献

太陽光発電は地球にやさしい発電方法。発電時にCO2や有害物質を排出する恐れがないため、地球環境への負荷が少ないとされています。光熱費削減はもちろんですが、地球のことも考えて太陽光発電を始めてみませんか。

TOPICS「アパートにも取り付け可能」

当社の太陽光発電システムは、個人のお家だけでなく、アパートにも取り付けることができます。アパートに取り付ければ、共用スペースの電気代削減や売電による収入も期待できるため、賃貸アパートにも太陽光発電はおすすめです。

しっかり説明します。太陽光発電のメリット・デメリット

しっかり説明します。太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電には様々なメリットとデメリットがあり、両者をよく理解した上で導入を検討されることをおすすめします。うまく活用することで上手にエネルギーを生産し、また光熱費を抑えるといった経済的なメリットを受けることができます。ただし設置する環境に左右されるなどのデメリットもあるので、太陽光発電システムについてしっかりと理解された上で導入を検討されることをおすすめします。

メリット デメリット
1. 余った電力を売ることができる
昼間に発電した電力が自宅で使い切ることができなかった場合には、電力会社が買い取ってくれます。売電による収入を得ることができます。
1. 設置費用がかかる
一般家庭で太陽光発電を導入する場合、200万円程度かかります。
※設置状況・パネル等により異なります。
2. 電気代が安くなる
太陽光発電で発電した電気を自宅で使うため電気代が安くなります。
2. 発電量が不安定
発電量は天候によって左右されます。ある程度の発電量を確保するためには、設置場所の日射量や屋根の向きなどをよく考慮する必要があります。
3. 補助金を受け取れる
太陽光発電はCO2を排出しないエコなエネルギーです。地球温暖化抑制に貢献することから、国や自治体が補助金制度を設けています。
3. メンテナンスが必要
太陽光発電システムの耐用年数は、20年程度ですが、発電量を維持していくためには定期的なメンテナンスが必要であり、維持コストがかかります。
4. 災害時の非常用電源が確保できる
太陽光発電システムのパワーコンディショナーを利用することによって、災害時に停電が起こった場合に蓄電している電気を使うことができます。
4. 設置した場所の景観が変わる
屋根に黒い太陽光パネルを設置するため、従来の屋根の見た目とは変わります。ただ日本家屋の屋根の多くは黒系の色であるため、景観を気にする方はほとんどいません。
5. 節電意識が高まる
モニターで発電状況や電力の使用状況、売電状況が見える化できるため、家族の節電意識が高まりやすくなります。
5. パネルの荷重が家にかかる
太陽光パネル1枚の重さは約16㎏であり、パネルを設置するためのフレームの重さも合わせると1m2あたり約12kgになります。ただし、1m2あたり約12kgとは雪が4cm積もった時と同じ程度の重さであり、それほど大きな負荷がかかるわけではありません。
6. 社会貢献につながる
自家発電した自然エネルギーを使うことでCO2排出を抑え、環境負荷の低減につながります。
 

三喜工務店の取り組み
太陽光発電+農業「きのこ村」

三喜工務店の取り組み太陽光発電+農業「きのこ村」

三喜工務店では、太陽光パネルの下でしいたけ栽培を行う「きのこ村」を運営しています。しいたけ栽培には強い日差しを遮り、風通しが良く適度な湿度に保たれた森のような環境が適しています。しいたけ栽培ハウスの屋根に太陽光パネルを設置することで、日差しを遮りしいたけ栽培に適した環境を作ることが可能です。また、農地として活用するだけでなく、太陽光発電によりエネルギーを生産することで、売電収入も得ることもでき、安定した経営が出来ます。

三喜工務店の取り組み

三喜工務店の取り組み

当社が取り組んだ「きのこ村」は、愛知県下のソーラーシェアリングによるしいたけ栽培第一号案件として認可を取得しています。太陽光パネル下で栽培するしいたけの原木は1万2千本。 また、三喜工務店では、山梨県南アルプス市に所在する「株式会社富士種菌」とコラボレーションし、原木しいたけ栽培+太陽光発電の取り組みを全国に向け発信・普及しております。
(詳しくはこちら)

サービスメニュー